一問一答Faq

Q

りんごペクチンを自分で作りたいのですが、どうすればよいでしょうか。

A

りんごペクチンとは

りんごペクチンは、その名の通りりんごに含まれる食物繊維の一種です。
りんごペクチンを含め、ペクチンはゼリー化特性を持つ天然の多糖類として知られ、ヨーロッパ諸国では古くからジャムを製造する際に利用されてきました。
食文化の発展とともに世界中のシェフによって新しいレシピが開発され、ドリンク、プリン、ヨーグルト、パンなど様々な食品に利用されています。
さらに近年では水に溶ける食物繊維として栄養補助食品や医療の分野にも利用されるようになりました。
特にりんごペクチンは最近、疲労回復や便秘解消などに効果がある、と注目を集めています。

 

りんごペクチンの作り方〜工業編

りんごペクチンは、りんごの果皮から抽出・濾過・アルコール沈殿・乾燥工程を経て、製造されます。 ※製造過程でアルコールは飛んでしまうため商品には残っていません。

 

りんごペクチンの作り方〜手作り編

ペクチンは手作りでも作れます。

 

★材料★

りんご :1Kg
水 :2リットル
クエン酸 :5グラム
※レモン汁100ccでも可

 

★作り方★

  • 1. 水洗いしたりんごを、芯と皮はそのままで縦に4等分にして、5ミリの薄さに切ります。
  • 2. 大きなお鍋に1) でカットしたリンゴと水、クエン酸を入れてまずは沸騰するまで火にかけます。
  • 3. 2) が沸騰したら、弱火で30〜45分程度さらに煮込みます。
  • 4. 布巾を二枚重ね、3) を濾します。この時出てくる「とろみのついた液」がりんごペクチンです。